アルコールの摂取量と酵素の関係

お酒を飲んだ場合の酵素との関係ですが、
体内でアルコールを分解を行ない、
体外に尿として出されるまでは、たくさんの酵素を使ってしまいます。

 

アルコールを分解するための使われる酵素は、
肝臓にある酵素を使って行なわれます。

 

アルコールを摂りすぎると肝臓を壊すことになりますが、
それは肝臓の酵素が大量に使われてしまうためです。

 

胃や腸で、アルコールの吸収が行われると、
肝臓に存在するADH(アルコール脱水素酵素)によって、
二日酔いの症状を起こす物質のアセトアルデヒドへと分解されていきます。

 

そしてアセトアルデヒドがALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)によって酢酸へ分解されていきます。

 

その後、酢酸が炭酸と水に分解されて、尿として排出されていくのです。

 

この時にお酒をたくさん飲みすぎてしまうと、
ADHとALDHだけではアルコールを分解する作業が間に合わなくなります。

 

こうした場合に、
薬の代謝を行なう種類のミクロゾームエタノール酸化酵素によって、
アルコールの分解が行われていきます。

 

このミクロゾームエタノール酸化酵素が
酵素の代わりにアルコールを分解しなければならないほどのアルコールを摂取すると、
肝障害になってしまう可能性が高くなり、
また、薬の効果が出にくくなったり、反対に出すぎてしまうこともあります。

 

ですので、お酒を飲む場合は適量に抑えることが大切です。

 

また、二日酔いや悪酔いの影響を受けたくないという人は、
酵素を積極的に摂取しておくと良いでしょう。

 

外部から酵素を摂るようにしておくと、体内の酵素に負担をかけることが少なくなります。