酵素ダイエットと合わせてやると効果倍増!?

Nさんのベジライフ酵素液のレビュー記事を読んでいて、これも合わせて実践すれば
より効果的なのでは?と思われるダイエットに気づいたので調べてみました。

 

レビューの文中に水ばかりを飲んでいると冷えてきたのでお湯を飲むというくだりがあり、ああそう言えばと思い出しました。

白湯(さゆ)ダイエット

白湯ダイエットは3年ほど前に書籍が出版されてプチブレイクをしたダイエット法なのですが、地味な方法なので忘れていました。
改めて調べてみると、酵素ドリンクダイエットと相性の良いダイエット法だと気づきました。

やかん

同時に行なってもお互いのダイエット法の邪魔をしないどころか、お互い助けあってよりダイエット効果が高まるのではないかと思います。
とても簡単な方法なので、酵素飲料ダイエットをされる場合一緒に実践されてはいかがでしょうか?

 

特に酵素置き換えダイエットを実践される方は、酵素ドリンク以外の食事にも好影響が出ると思いますよ。

 

<白湯ダイエットの考え方>
水は液体・気体・固体と変化する物質ですが、人体においては温度も重要な役割を演じます。冷たい水は熱を下げる効果がありますが、同時に身体を冷やしすぎてしまう弊害もあります。
逆に温かい水は身体、特に消化器官を温めてくれるので、以下の効果が期待できると言われています。

 

白湯ダイエットのルーツはアーユルヴェーダ(約5000年の伝統を持つインドの伝統医学)から来ているそうです。
白湯の効果は、
@血液の循環をうながす。
A老廃物の排出効果の促進(デトックス効果)
B便秘解消
C冷え性対策
D内臓の疲労回復
E利尿作用
F基礎代謝のアップ
内臓温度が1℃上がると基礎代謝も10%前後上がるそうです。
G肌荒れの改善・美肌効果
H消化の促進
Iむくみの解消

などが考えられます。
何だかいいことずくめですね。
それにお水なので飲み過ぎなければ副作用などの心配がないのも良いです。

また酵素の効果と共通するものも多いですね。

 

<白湯ダイエットのやり方>
@白湯を作る
できれば鍋・やかん等を火にかけて3分以上沸騰させると良いそうですが、時間のない方は電子レンジで1分半ほど加熱しても良いです。(時間は電子レンジの機種によりますから調節して下さいね。)

 

A温度は50℃前後
温度はとても重要で、特に40℃以下だと効果がないのでご注意を。
B1回の量はマグカップ1杯

半身浴

まず起床時にマグカップ1杯の白湯を5〜10分かけてゆっくり飲みます。
(朝食は白湯を飲んでから30分後以降が理想)
その後は食事ごとに1杯と寝る前に1杯飲みます。
またフットバスや半身浴しながら、入浴前後に飲むと効果が高いと言われています。

 

*注意点
飲み過ぎはかえって効果が薄れる恐れがあります。
いくら良いと言っても飲み過ぎは胃液を薄め、消化の妨げになります。
また水分過多でむくみの原因にもなりますので、1日800mlを目安に飲み過ぎないようにしましょう。

 

この白湯ダイエットと酵素飲料ダイエットを合わせて実践すれば相乗効果で効果もより高まると考えられます。

 

合わせて実践すると効果的な酵素飲料とは?