酵素飲料ダイエットのやり方

酵素飲料ダイエットは大きく言って2種類に分かれます。

酵素ダイエット成功した

@酵素ファスティングダイエット
ファスティングとは元は「絶食する」「断食する」という意味ですが、最近では「プチ断食」を指すことが多いです。
プチ断食は半日〜3日程の短期間の断食です。

 

酵素ファスティングダイエットとは、プチ断食の期間に酵素飲料を飲むダイエットのことです。

 

A酵素飲料の置き換えダイエット
1日の1食を酵素飲料に置き換えることで、ダイエットする方法です。

 

@のファスティングダイエットは、
慣れないと心身ともに辛いですが、短期的な効果が期待できます。
3ヶ月ごとに行うとリバウンドしにくく、効果的だと言われています。

 

Aの置き換えダイエットは、
1食置き換えなので負担も軽く、継続しやすいのが利点です。
より効果を高め、リバウンドを防ぐには、
@を3ヶ月おきに実践して普段はAを継続していくのがベストです。

 

文字で書けば簡単ですが、全ての方が酵素飲料ダイエットに成功する訳ではありません。
では酵素飲料ダイエットの失敗のパターンとは、どんなものなのでしょうか?

酵素飲料ダイエットの失敗パターンとは?

酵素飲料ダイエットは、魔法の方法でもなければ、やせ薬でもありません。
そのことを前提に失敗に多いパターンを見て行きましょう。

 

@効果を焦りすぎてやめてしまう。
やはりダイエットは、最低3ヶ月の期間でみていく必要があります。
細胞の入れ替わる期間が3ヶ月だからですね。
酵素ファスティングダイエットを3日間続けると、体重はガクンと減る場合が多いですが、その後普段の食生活に戻れば当然リバウンドしてしまいます。

酵素ダイエットに失敗しないために

A最初に頑張りすぎてしまう。
ダイエットの初めは、誰しも頑張りすぎてしまいます。
そしてこんなに辛いのなら、、、とやめてしまいます。
最初から頑張りすぎず、徐々に慣れる様にした方が継続できます。
B踊り場を我慢できない
ダイエットを継続していくと、必ず体重が落ちない停滞期が訪れます。踊り場ですね。
ここで効果がないと思ってやめてしまう方が多いです。
あと数日頑張れば、また体重が落ちるかもしれないのに。

 

以上が酵素飲料ダイエットに多い失敗パターンです。

 

今までにダイエットに何度かチャレンジされて、挫折した経験のある方ならお気づきだと思います。
他のダイエットと同じじゃん、と。
そう、酵素飲料ダイエットも他のダイエットと同じ理由で途中でやめてしまう方が多いんですね。

 

ただ酵素飲料ダイエットは、続けることで体質の改善を徐々にしていき、無理なく健康的にダイエットする方法です。
ダイエットしながらに「太りにくい体質づくり」ができることが利点です。

 

また他のダイエットとの違いとして、
@簡単に始められる。(基本飲むだけです。)
A継続しやすい。(運動などと比べると歴然です。)
B健康的な体になる。(酵素の働きを参照下さい。)

 

などのメリットがあります。
また慣れると辛くなくなる方が多いのも特徴です。
人気の理由もこの辺にありそうですね。

 

もっとシンプルな酵素ダイエットまとめ

 

ベジライフ酵素液の実践レビュー