夜食は酵素の働きを邪魔する?

仕事や勉強で夜遅くまで作業をしている人は、
夜食を食べたいと考えている人は多いでしょう。

 

また、毎日夜食を食べて作業を進めているという人もいるでしょう。

 

ですが、夜食を食べるということは、健康によくありませんし、
肥満にも繋がることになります。

 

また、酵素にとっても良くないということを考えておきましょう。

 

夜中に、内臓や骨のメンテナンス作業が行われるため、
この時間は消化の悪い物を食べないようにしないと、
胃に負担を与えることになってしまい、
その結果深い眠りにもつくことができません。

 

また夜食を食べてしまうと、
酵素を生み出す働きを邪魔してしまうことになります。

 

酵素をたくさん使ってしまう夜食として、
インスタント食品、肉類、魚類、砂糖を使った食品などがあります。

 

こうした夜食を食べることによって、
酵素を生み出す行為を邪魔してしまい、
さらに夜食を食べることで、酵素をたくさん消費してしまうと、
栄養素を取り込む消化酵素の働きが弱まってしまいます。

 

こうなると、新陳代謝が衰え、免疫力が落ち込むなど、
代謝酵素も活動が弱まってしまいます。

 

こういう状態を長期間の間行っていると、
病気になりやすい体になりますし、老化が早まることになるでしょう。

 

こうしたことを考えると、夜食はとらない方が良いですが、
だからといって、お腹を空かせたままでは作業に集中できない可能性があります。

 

夜食を食べる場合は、消化の良い食べ物を食べたり、飲
み物を飲むことで夜食の代わりにするなど、
体に負担をかけないようにすると、酵素に悪影響を与えることが少なくなります。