酵素の特徴

酵素に関して詳しいという人は案外多くないでしょう。

 

酵素の性質について知っておくと、
ダイエットや健康増進のために役立たせることができます。

 

酵素には非常にたくさんの種類が存在しています。

 

それぞれの酵素は1つずつの働きしか持っていないのです。

 

例えば、アミラーゼは、デンプンを消化する働きのみで、
リパーゼは脂肪を分解するだけの働きしかありません。

 

そして酵素は元がタンパク質のため、
加熱してしまうと変性し、
失活(活動しなくなってしまうこと)することになります。

 

多くの酵素が失活してしまうのは60〜70度くらいの温度です。

 

そのため、食品から酵素を摂取したいと考える場合は、
加熱して食べてしまうと酵素の摂取ができなくなることを知っておきましょう。

 

また酵素は加齢によりだんだん減少していきます。

 

高年齢層になってくると、弱年齢層に比べて、
酵素の量は10分の1〜30分の1ほどになってしまいます。

 

酵素が足りなくなってくると体調が悪くなりやすいため、
高齢になるにしたがい、酵素を外部から摂取すると良いでしょう。

 

この他、酵素は人が生涯で生み出す量が、
遺伝子により決定されていると言われています。

 

そのため、限りある酵素を消化や代謝に使っていることになります。

 

喫煙や飲酒をする人や、暴飲暴食をしている人は、
消化酵素をたくさん使ってしまいます。

 

そういった生活を送ってしまうと、代謝酵素の生産が足りなくなってしまうため、
健康的な生活を送ることに支障をきたしてしまいます。

 

代謝酵素の不足のため、
免疫力や自然治癒力が落ちてしまうので、
病気にかかりやすい体になってしまうのです。