酵素を多く含む果物には何がある?

果物

果物にも酵素がしっかりと含まれているので、しっかりと食べて健康な体にしていきましょう。

 

果物を食べると、太ってしまうんじゃないかと考えている人がいますが、一概にそうとも言えません。

イチゴ

果物に含まれているの糖は果糖と言われ、体内で早く代謝が行われる糖分なのです。

 

ですので体脂肪として体内に溜め込まれることが少ない為、果物を食べてすぐに太ってしまうということは少ないです。
(ただし普段の食事量のまま果物をたくさん食べるとカロリーオーバーになりやすいのでバランスが大切です。)

 

また果物には酵素を多く含んでいるものあり、摂取すると体内の新陳代謝がアップしますので体脂肪の燃焼に効果を発揮します。

キウイ

たくさん酵素を含んでいる果物には、
アボカド、キウイ、マンゴー、パパイヤ、イチゴ、バナナなどがあります。

バナナ

*バナナを食べる場合は、より酵素を摂取するために、よく熟した状態(黒くなった状態)になってから食べるようにしましょう。
お店で購入したバナナはだいたい黄色くて硬い状態が多いのではないでしょうか。
バナナを食べるのは、購入後数日おいて色が黒くなりはじめてから食べると良いでしょう。
バナナは熟れると柔らかくなるため胃に負担が掛かりにくく、胃の消化を助けるサポートをして代謝機能をアップさせることができます。
バナナダイエットなどもありますが、バナナは糖分が多く、腹持ちが良い特徴があります。

アボカド

糖分が血糖値を高めて、満腹中枢に刺激をあたえ、食べ過ぎの防止に役立つのでダイエットにも良いのですね。

 

ただし、バナナやアボカドはカロリーが高めなので、食べる時は普段の食事量には十分注意が必要です。

 

果物 100gあたりの量 カロリー
いちご 約中6~7個 約35kcal
パパイヤ 約3分の1 約38kcal
キウイ 中1個 約55kcal
マンゴー 小2分の1 約65kcal
バナナ 小1本 約87kcal
アボカド 小1個 約187kcal

 

 

果物だけで必要な酵素を摂取するのは大変!その上カロリーも気になります。酵素ドリンクも併用してみては?