食物酵素の摂り入れ方

消化酵素や代謝酵素の他に、
食物酵素という酵素の種類がにあります。

 

ただ勘違いしてはいけないのは、
消化酵素や代謝酵素は体の中に備わっている酵素ですが、
食物酵素は外部から摂りいれる酵素なのです。

 

外部から摂取というと難しく感じますが、
主に食事で摂るということです。

 

食物酵素をしっかりと摂るには、
食物酵素を含んだ食べ物を効率よく摂る必要があります。

 

食物酵素が豊富に含まれている食材は、
生の野菜や果物が一般的でしょう。

 

1日の食事の半分は、
酵素をしっかりと含んだ食材を摂る方が良い言われています。

 

生野菜や果物を適当に食べるのではなく、
酵素をしっかりと摂る食べ方をしましょう。

 

酵素しっかりと摂るには皮ごと擦りおろす方法が適しています。
野菜や果物をすりおろすことにより、細胞が壊され、
酵素が細胞の外側に出てくるため、豊富に摂取できます。

 

また、すりおろすことで消化や吸収しやすい状態で摂取することが可能になり、
しかも酵素を豊富に摂取できることになります。

 

具体的なメニューで考えると、
一番馴染みのあるのが大根おろしですね。

 

皮ごとすりおろした大根で、
酵素をたっぷりと取り込むことができるでしょう。

 

この頃マクロビオティックと一緒に人気になってきているものに、
ローフード(リビングフード)がありますが、
ローフードとは、
酵素を豊富に摂取することで、
美容と健康の効果を増進させる食事方法です。

 

酵素の力を使ったダイエットや健康増進を考えている人は、
ローフードを使った食事を考えてみてはどうでしょうか。