睡眠不足は酵素に悪影響?

睡眠不足の生活を送っていると、
体に良くないということは誰もが知っていることでしょう。

 

具体的には、睡眠不足の場合、
慢性疲労、ストレス、集中力の低下などの状態を引き起こすことになります。

 

そして、睡眠不足に陥っていると、
酵素にも悪い影響を与えてしまうことになるのです。

 

酵素を利用して健康的な生活を送りたいと考えている人は、
睡眠と酵素についての知識も頭に入れておきましょう。

 

睡眠不足が体に良くない具体的な理由ですが、
夜間は、体が内臓や骨のメンテナンスをしている時間のため、
起きていると酵素の働きを阻害してしまうのです。

 

基本的に午後の20時〜午前4時までは、
体中の内臓や骨がメンテナンスをする時間になるのですが、
この時間は酵素を生み出す時間でもあるのです。

 

日中に使われる骨や内臓を修復するためには、
夜中にぐっすりと寝ておかないと、その作業が行いにくくなってしまいます。

 

睡眠不足になることで、消化酵素がきちんと作りだされないと、
それが原因で消化不良を起こすことがあります。

 

消化不良に起こすと、せっかく摂取した食べ物から、
栄養がきちんと吸収されなくなることになります。

 

要するに、どれだけきちんとした栄養を摂取していても、
睡眠不足になってしまっては、あまり意味が無くなってしまうということです。

 

そのため、毎日ぐっすりと寝ることが難しいとしても、
せめて早めに眠るようにしておきましょう。

 

仕事で夜は起きていないといけない人もいるでしょう。

 

そういった人は毎日なるべく7時間は睡眠をとるようにしましょう。

 

それが難しい場合は、週に2〜3日は早く寝る日を作ると良いでしょう。

 

 

当サイトオススメの酵素飲料