酵素が豊富に含まれる野菜には何がある?

キャベツ

色々な食材に酵素は含まれていますが、酵素がたくさん含まれている食品として野菜があるでしょう。

 

酵素をきちんと摂取するには、野菜を炒めたり、煮たり、蒸したりなどの加熱調理を行なってはいけません。

 

正確には70度以上の加熱調理です。

セロリ

70度以上で加熱調理をしてしまうと、酵素が働かなくなってしまうので食べ方を考えて摂取していきましょう。

 

野菜は加熱調理をしないで、生でサラダにして食べると酵素をたくさん摂ることができます。

 

酵素が豊富に含まれている野菜は、
キャベツ、セロリ、レタス、ニンジン、ブロッコリー、ブロッコリースプラウト、山芋、大根、カブ、タマネギ、キュウリなどがあります。

 

サラダに使用する野菜としては定番で人気のある食材でしょう。

レタス

どこでも手に入りやすい食材ですが、これらは体を冷やす効果があるため、生でサラダなどで食べる場合は体を温めるメニューを作って一緒に食べると良いでしょう。

 

体を温める食材としては、ショウガ、ネギ、ニンニク、根菜類などがあります。
スープや味噌汁などで調理すると体が温まりやすくて良いでしょう。

人参

また野菜を摂取すると、ビタミンやミネラルが豊富ですし何よりもカロリーが低いです。

 

さらに野菜には活性酸素を体の中から取り除いてくれる、抗酸化食品になっていますので、なるべく毎日摂取したい定番の食材と言えるでしょう。

ブロッコリー

野菜が多くなり、調理するのが大変だと感じる場合や、量が多くて食べるのが大変という場合は、ミキサーを使ってジュースにしても良いでしょう。

 

このように工夫して野菜を摂取しておくと、酵素を無駄にせずしっかりと摂取することができます。

 

野菜を食べるより効率的に酵素が摂れる!?当サイトオススメの酵素飲料