肉や魚類中心の食生活を避けましょう!

肉や野菜ばかりを食べて生活していると、
体に多くの負担をかけてしまいます。

 

人間の体の中には、タンパク質を置いておく場所がありませんし、
またタンパク質の消化はすぐにはできません。

 

また、タンパク質は胃の中で消化され
アミノ酸になってから吸収されていきます。

 

この時に酵素によって、
タンパク質をアミノ酸に分解する働きを行なわれることになります。

 

ただ、この頃の研究によって、
肉や魚にあるタンパク質は、
全てアミノ酸へと分解されるわけではないことが解ったのです。

 

しかも、加熱した肉や魚類には消化酵素が含まれていません。

 

生のまま食べられた肉や魚類の場合は、
消化酵素があるためまだ良いのですが、
加熱調理をした肉や魚類には、熱によって酵素が失活してしまうため、
消化酵素が含まれていません。

 

タンパク質を分解するために、酵素が働きますが、
全てを消化することはできません。

 

その場合、消化されずに残ったタンパク質が、
そのまま腸へ運ばれてしまい、腸への負担が大きくなることから
体調を悪化させやすくなります。

 

この状態はそのまま消化不良と言いますが、
消化不良を防ぐためには、
酵素が豊富に含まれた果物や野菜を
しっかりと摂っておくことが対策になるでしょう。

 

酵素を豊富に含んだ野菜や果物を摂取すると、
胃の消化酵素を助ける働きがあります。

 

野菜や果物は、ビタミンやミネラルも多く含んでいますので、
栄養のバランスを良くする効果もあります。

 

食べる目安ですが、肉や魚類の2倍は食べるようにしておくと良いと言われています。