代謝酵素って何?

酵素の種類として、
代謝酵素というものがあり、
これも他の酵素と同じように重要な働きがあります。

 

代謝酵素の大きな役割は、
新陳代謝をアップさせたり、免疫力を上げて、
病気になりにくい体や病気を治せる体にしてくれることです。

 

代謝酵素のおかげで、
呼吸をしたり、心臓を動かして血液を全身に運んだり、
細胞分裂を促して新しい細胞を作りだし、
病気を改善する働きなどをすることができます。

 

こうした働きがあるため、
酵素の量と寿命がイコールであると考える科学者もいるのです。

 

酵素には種類があり、その中に代謝酵素と消化酵素の2つがありますが、
この両者の関係は重要なので知っておきましょう。

 

この2つの関係が解りやすい例としては、
脂っこい食事を摂ったときの働きを見てみると良いでしょう。

 

脂っこい料理を食べると、体の中で消化や吸収を行なうために、
消化酵素がたくさん必要になり、かなりの量が使われます。

 

大半の酵素が、食べ物を消費するために使われてしまうため、
生命活動を行なうために必要な代謝酵素が足りなくなってしまうのです。

 

他の例であらわすとこうなります。

 

代謝酵素によって病原菌を撃退することができますが、
消化酵素をたくさん使いすぎてしまうと代謝酵素に充てる酵素がなくなってしまい、
その結果体の回復力が落ちてしまうだけでなく、
抵抗力が無くなり病気にかかりやすくなります。

 

このような関係性があるため、
代謝酵素を充分に確保するためには、
消化酵素を無駄に消費しすぎないことが大切になることが解ります。

 

代謝酵素は外から補うことができませんから、
消化酵素の元となる、
酵素食品を摂取することにより、
代謝酵素の働きを間接的に補うということです。